エターナルグリーン

地元に根付く力強いお弁当屋さん甘味処

2012/9/07
最近、浦安に行く機会が増えています。
もちろん仕事関連なのですが、その場所は駅から徒歩10分弱、当代島というエリアです。

比較的広い県道沿いにコンビニや中華料理屋さんなどがポツリ、ポツリとあるイメージです。


そこへ忽然と現れるお団子屋さん「団子の八五郎」。
1粒1粒が大きく、格安で、なおかつ保存料など一切使用していない見事な御団子や、いなり寿司、海苔巻、お赤飯など、御団子・和菓子屋さんが扱うお弁当各種が品ぞろえされています。


ここの一番のお勧めは、各種お弁当はもちろん、和菓子なら芋ようかん。
秋口から出始める名物です。

夏は牡丹餅、秋は芋ようかん、春は桜餅と、季節ごとに切り替えられる旬の菓子はどれも絶品です。

御団子は1本30円~40円と、大変リーズナブルで、お弁当も1人前平均400円。
この価格と味が地元に根付く地元の方のためのお弁当屋さんというポジションを絶対的にしています。


私の家の近くにも、こんなリーズナブルで美味しいお団子とお弁当を扱うお店があれば・・・

もちろん自家兼店舗なので、家賃の心配がない分、価格が下げられると思うのですが、これと同じ品質をもし港区・渋谷区で展開したら(しかも賃貸店舗で)団子1本の単価はどれくらいあがるのだろう・・・などいつも考えてしまう自分。

今日も数本購入して持ち帰りように包んでもらいました。


◇◇◇ コラムリストへ ◇◇◇




エターナルグリーン 未来経済研究所TOPページへ戻る
最終更新日:2017/12/13



英語に翻訳

中国語に翻訳