エターナルグリーン

素晴らしいパッケージ技術

2014/1/22
ついにここまで軽量化、脱ゴミ化に成功したのか・・・

と、驚きを隠せないのがアップル製品のパッケージ。
新しいIPODを購入したのですが、3センチ×3センチ程度の四角いケースの中に本体、イヤホン、USBケーブルが全て含まれていて、開封も楽、ゴミも殆ど出ないため、大変エコ。

おそらくこれなら企業的にもむだな材料費がかからないし、非常に低コストでできるでしょう、一石二鳥。


届いたアマゾンの箱が25センチ×10センチ×15センチ程度の巨大な箱なので、そのギャップに少々愕然としてけれど・・・。


それにしてもアップルコンピューターの挑戦意欲は素晴らしいです。
世の中に無い物を次から次へと生み出し、しかもデザインがスタイリッシュ。

シンプルイズベストを地で行く企業で、必要以上の機能は設けない。
日本の製品は未だ多機能を謳っているものが多く、これが海外では案外不評。


現にインド等では、日本製品に変わりシンプル操作の韓国製品に席巻されているのだとか。

過去の知的資産を活かそうとするあまり、こうした多機能路線に走ってしまうのも無理はないと思うけれど、世界の流れをいち早くつかむセンスも必要ではないだろうか。


◇◇◇ コラムリストへ ◇◇◇




エターナルグリーン 未来経済研究所TOPページへ戻る
最終更新日:2017/12/13



英語に翻訳

中国語に翻訳