エターナルグリーン

看護士の求人対策について

2016/9/19
最近では、病院関係者の求人もインターネットの情報を元に転職先・就職先を探す傾向にあります。

特に看護士では、高額なインセンティブが約束されている紹介会社を経由することがありますが、このことが病院経営の利益圧迫要因にもなるでしょう。

病床数が多く、知名度も高い大学病院などは別として、個人医院や美容外科、地方病院では求人がまかなえず経営問題にも波及します。



当社では、貴院のWEBサイトを見直し求人の支援を行います。

また単なるリニューアルだけにとどまらず、ランディングページの開設、特設ページの開設、インターネットとオフラインの広告などクロスメディアによって、効果的に求人をサポートします。

これまでに数十の病院で経験してきたノウハウをご提供します。



長期的な視野に立つと、広告宣伝費をかけずに求職者が集まる仕組みづくりをすることが目的となりますが、そのようなブランド形成は短期に形成してゆくことは現実的には難しいでしょう。


そのため病院の特色をはじめ、人間関係、院内環境、院外環境、福利厚生など、さまざまな面を取り上げてサイトを構築します。



多くの看護士は以下のように大別できます。

1、金銭的動機付けが高いケース
2、キャリア学習意欲が高いケース
3、地元、エリア優先度の高いケース
4、結婚までの足掛け

こうしたいくつかのニーズを元に、それぞれの病院で特色となるページを作成してゆくことになります。
無論経営者としては、労働意欲が高く、コミュニケーション力が高くい従業員を獲得し、かつ離職率の低い職場環境を目指すでしょう。

しかし、看護士の離職率は他の職種に比べれば高いといわざるおえません。

その理由は簡単で、次の職場がすぐに見つかるという売り手市場であることと、転職をすることで得られる一時金入手というインセンティブも働くからです。


しかし、院長、または経営者が医院のビジョンをしっかりと掲げ、地域に何が貢献できるか?また従業員満足度(エンプロイーサティスファクション)を重視することで、離職率の低い環境を整えることができるでしょう。


サイトでは、そうしたことも意識してコピー、ボディーコピーを構築し、さらに院内中堅幹部の教育も行います。


興味のある方はご連絡下さい。


◇◇◇ コラムリストへ ◇◇◇




エターナルグリーン 未来経済研究所TOPページへ戻る
最終更新日:2017/12/13



英語に翻訳

中国語に翻訳