エターナルグリーン

自分の名前をネット上から消去してゆく方法

2001年ころから、自らネット上に多数のサイトを立ち上げ、ブログをつくり、2000年後半からはツイッターやフェイスブックなども開始しました。
しかし、ネット上のサービスというのはよくよく見てみると、一つのコンテンツを他社がAPIという形で多数利用しており(コピーして使う)、このことは、一度書き込んだ内容が一人歩きして、変更と削除が難しくなると判断。

そのため2008年から書き込んだ内容をどのようにして削除してゆくか、また、削除にどれほどの時間がかかるか?について調査と実証を重ねてきました。

自分の名前を検索すると2008年当時では2300件ほど出てきました。
同姓同名の方ももちろんおりますが、当初の目標としては、名前は致し方ないとしても、名前と住所や電話番号、メールアドレスとの相関を切り離したい、つまり「連絡取れないようにしたい」という事を目標にしました。
方法は様々ですが、ようやく2012年中盤になり、名前では検索されるものの、住所や電話番号、メールアドレスなどはほぼ消去することに成功しました。
大変な時間と労力がかかりますが、今後、このようなサービスが必要とされるでしょう。
私も、頼まれれば行わない事はありませんが・・・。

もしお受けするとしたら、その方の有名度、露出度などを基準に判断しお見積りを算出しますが、もちろん削除できない、しづらい場合もありますのでご注意。

特に削除しずらい媒体としては。

1、2チャンネル掲示板
2、あのひとスパイシー
3、過去の新聞社の記事

などが挙げられます。
私の場合、2チャンネルなどに書かれたことはありませんでしたが、これらのサイトは管理者と呼ばれる人物が特定できず、交渉相手が不明という理由も大きいです。




エターナルグリーン 未来経済研究所TOPページへ戻る
最終更新日:2017/12/13



英語に翻訳

中国語に翻訳