エターナルグリーン

エターナルグリーンの階層思考法

思考する方法としては、まず社会で起きている大きな事象を左に配置し、その影響を「1次影響・波及事項」としてリストアップ。
その後、「2次影響・具体的課題」とし、最後にそれを解決する具体的ソリューションとなります。
世の中に出ているサービスや商品は、右端の「ソリューション」という部分にあるものなので、逆説的に、なぜこの商品・役務が誕生したのかも、考えられます。
エターナルグリーンでは、このようなマトリックスを活用し、社会で起きている数百の項目を独自にデータベース化しています。

  • 社会的課題 →
  • 1次影響・波及事項 →
  • 2次影響・具体的課題 →
  • ソリューション




エターナルグリーン 未来経済研究所TOPページへ戻る
最終更新日:2017/12/13



英語に翻訳

中国語に翻訳